5000兆円ください。

生産性の無い情報を発信しています。5000兆円くれると喜びます。

トラブルシューティングコンテスト(予選)に出場した。

7月1日にトラブルシューティングコンテスト(以下トラコン)のオンライン予選に「谷町QoS」のメンバーとして出場しました。

 

ICTトラブルシューティングコンテストとは

DSC04657全国の専門学校生、高専生、大学生、大学院生を対象とした サーバー・ネットワークのトラブルシューティングや運用技術をチーム単位で競うコンテストであり、競技参加選手だけではなく、コンテストの企画、運営も学生が行う、学生の、学生による、学生のためのコンテストです。

引用元: トラブルシューティングコンテストとは – ICTSC | ICT トラブルシューティングコンテスト

 

コンテストの形式としては全9題の独立した問題で、各問ごとにサーバやネットワーク上でトラブルが発生しており、そのトラブルの原因を解明していきます。

 

過去問などは↓から参照できるので、興味のある方は是非目を通してみてください。

icttoracon.net

 

私はクソ雑魚であるにも関わらず先輩のご好意により出場できた訳ですが、そのうち配点の低い2題を(先輩の手を借りながら)解くことしかできませんでした。

 

私が担当した問題のうち、1題目はOSPFのメトリック値を算出して通信経路を調査する問題で、2題目はVTPの障害の原因を解明する問題でした。

 

かなり疲れましたが、はじめてこういったコンテストに出場したため、新鮮でかつ楽しめました。

 

また、自分の知識・技術不足が露見する結果となったので、先日購入したルーターをいじり倒したり、CCNAを勉強しようと思いました。

 

結果は明日わかりますが、本選に出場できることを願います。

 

ちなみにチームの半数が女性の場合、問答無用で本選に出場できるというチートルールがあるので、女装の技術もつけていきたいところです。

 

追記:

予選敗退しました。

次回からは女装路線で頑張ろうと思います。

 

関連記事:

kazukichi.hatenadiary.com

kazukichi.hatenadiary.com