5000兆円ください。

生産性の無い情報を発信しています。5000兆円くれると喜びます。

Progateの無料レッスンを全て受講した。

特段「暇」という訳でもなかったが、何を思い立ったのか、気付けばProgateの無料レッスンを全て受講していた。

 

ちなみにProgateとはオンラインプログラミング学習サービスで、ドットインストールpaiza learningのような類のサービスである。

prog-8.com

主に初学者を対象としており、ブラウザだけで学習可能なのがドットインストールと比較したときの強みだと私は思う(paiza-learningも基本的にブラウザだけでできるが、Progateの方が内容が濃い)。

 

無料で学習できるレッスンは全部で10のレッスンがあった。

prog-8.com

どのレッスンが無料なのかは、このページを参考にした。

 

それらのレッスンについて表にまとめてみた。

レッスン名修了時間(予想)修了時間(実際)評価(5段階)
HTML & CSS 初級編 4 2.03 4
JavaScript 基礎編 3 0.53 2
jQuery 初級編 3 0.54 5
Ruby 基礎編 4 1.05 3
Ruby on Rails 3 1.13 4
PHP 4 1.26 3
Java 5 0.48 2
Java 3 0.48 3
Python 4 0.41 4
Swift Ⅰ 4 0.52 5
37 8.43 -

修了時間(予想)Progateが公開している修了までにかかるおおよその時間

修了時間(実際)私が実際に計測して修了までにかかった時間

予想以上に速く進んだので驚いた。

評価は、「面白さ」や「役に立ったか」などを総合して点数をつけた。

 

全体の感想

2日間にわたり、様々な言語に触れることができて楽しかった。

ちなみに私は密かにこれを「プログラミング・トライアスロン」と称していた。

そして、ここ最近、使っていなかった言語を少し思い出すことができて良かった。

無料レッスンなので基礎の基礎しか学習できなかったが、それでも得るものはあった。

 

レベルランキング機能もあり、モチベーションを上げる工夫がなされていた。

一時、デイリーランキングで2位になっていた。

ちょっと嬉しかった。

f:id:Q_tyokinuhata:20161222221838p:plain

 

 

f:id:Q_tyokinuhata:20161222221859p:plain

 

HTML & CSS 初級編

これはかなり良い復習になった。

初級編を終える頃には1つのWebサイトが完成するので、具体的な作り方を理解できる。

また、HTMLとCSSを同時に学べるのでHTMLとCSSの対応関係やそれぞれの使いどころもきちんと学ぶことができる。

 

JavaScript 基礎編

高校の1年次の授業や最近もよく使っていたので、あまり得られるものは無かった。

 

jQuery 初級編

jQueryコピペマンを卒業することができた。

視覚的にかなり変化があるため、学習していて1番楽しかった。

 

Ruby 基礎編

1年ぶりぐらいに書いた。

1年前も基本的な文法を学んだ程度だったのでほとんど忘れていた。

 

Ruby on Rails

ブラウザ上だけでフレームワークについて学べるのは画期的だと思った。

Webサービスを作る予定は無いが、概念は掴むことができて良い経験になった。

 

PHP

今年は学校でPHPばかりしていて苦しめられたので、正直あまりやりたくなかった。

復習にはなったので良かった。

 

Java Ⅰ・Java

最近はさっぱり書くことがなくなっていたJava

肝心のオブジェクト指向Java Ⅲからしか学習できないので少し残念だったが、無料なので仕方あるまい。

 

Python

Ruby同様、1年ほど前に基礎を学んだ程度だったので、ほとんど忘れていた。

 

Swift Ⅰ

今回、はじめて書いた。

Swiftの文法もそうだが、Xcodeの使い方についても学べてよかった。

もう少ししたらMacBookを購入する予定なので、Xcodeを導入していじろうと思う。

 

 

今すぐに課金することはないが(お金が無いから)、いくつか気になるレッスンもあったのでそのうち課金するかもしれない。

 

おしまい。

最近読んだ本。

情報系の技術書しか感想を書いていないので、その他に読んだ本の感想をまとめて書くコーナー(?)を始めることにした。

 

偉そうに評論家のようなことをしているが、皮肉めいた読書感想文を読むような気持ちで暖かく見守っていただきたい。

 

1.筋トレする人は、なぜ、仕事で結果を出せるのか?

筋トレをする人は、なぜ、仕事で結果を出せるのか?

筋トレをする人は、なぜ、仕事で結果を出せるのか?

 

筋トレモチベを上げるための本。

自己啓発本はあまり読まないが、タイトルに惹かれて読んでしまった。

社会人向けの本だが、学生でも充分に役立つことが書いてある。

筋肉をつけることによって得られる利点筋トレと読書の関係などについて説明されている。

2時間もあれば余裕で読み終わってしまうので是非読んでみて欲しい。

 

2.小説 君の名は。

映画を2回観たあとに読んだ(そのあともう1回映画を観た)。

新海誠本人が書き下ろした小説ということで、気になって読んだ。

映画では詳しい描写がされていなかった場面や心理描写についても詳しく描かれており、映画と小説で相互補完的になっているように感じた。

純愛モノは久しぶりに読んだ気がする。というか今まで読んだことがなかったかもしれない。

若干のラノベっぽさは否めないが、映画を観た人には特にオススメする。

 

3.君の名は。Another Side:Earthbound

君の名は。 Another Side:Earthbound (角川スニーカー文庫)
 

原作小説を読んでどっぷりと君の名は。沼にはまってしまった私が次に手に取ったのはサイドストーリー集だった。

三葉の父親の過去糸守町での日常などについて描かれている。

映画や原作小説を観た/読んだ人がこれを読めば、君の名は。がもっと好きになるはずだ。

 

4・5.グロテスク

グロテスク〈上〉 (文春文庫)

グロテスク〈上〉 (文春文庫)

 

 

グロテスク〈下〉 (文春文庫)

グロテスク〈下〉 (文春文庫)

 

君の名は。から打って変わってダークな世界観の物語。

上下巻合せて800ページ弱だったので中々の長編だった。

タイトルに惹かれて購入した。

スプラッタ系の血しぶきや肉片が飛び散るようなマニュアル通りのグロテスクではなく、汚い人間関係を描いた、そういう意味でのグロテスクだった。

生まれたときの境遇がどれほど後の人生に影響を及ぼすのか、改めて考えさせられた。

悪く言えば何の盛り上がりも無い単調な小説だが、読み終わったあとは謎の快感・爽快感のようなものが得られた。

 

 6.教団X

教団X

教団X

 

宇宙科学物理学生物学哲学量子力学政治経済、そして宗教

この本には著者のかなりの量の知識が詰め込まれている。

570ページの小説なので中々長い。

しかし、知識を詰め込みすぎた代償として物語性が失われてしまったように感じた。

つまり、もう少し語って欲しい部分と、逆に話が長く感じてしまう部分があり、そのバランスを調節してもらいたかった。

若干の感動と、大量の官能的な表現があることにも注意が必要だ。

そして、対称的な2つの教団を主軸に話は進められていく。

 

7.人間失格

人間失格 (集英社文庫)

人間失格 (集英社文庫)

 

恥の多い生涯を送ってきました。』で有名な小説。

本書を読むのはこれで2回目だった。

太宰治の半生を描いた自伝でもあり、遺書でもある作品のように思う。

作中では主人公の葉蔵がクスリに溺れて、そして女にまみれて人生が崩壊していく様子が描かれている。

この作品の公開後、しばらくして太宰治は自らの命を絶った

ちなみに、http://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/301_14912.htmlから読めるので是非読んでみて欲しい。

 

8.小説 ほしのこえ

小説 ほしのこえ (角川文庫)

小説 ほしのこえ (角川文庫)

 

君の名は。を読んで他の新海誠作品が気になった私は、新海誠商業デビュー作であるこの作品を読んだ。

しかしこの小説は新海誠本人が書いたものではなく新海誠の原作をもとに大場惑が小説として書き起こしたものだということに注意しなければならない。

SFチックな世界観にあまり興味が無いのと、SFでありがちなカタカナが多くてその名前を覚えるのが大変だったのが、個人的には残念だった。

君の名は。と同じく「会いたいのに遠くにいて会えない」というのを上手く利用した作品だった。 

 

9.小説 秒速5センチメートル

新海誠作品を読むのはこれで3作品目となった(残るは『言の葉の庭』のみだが、なかなか書店に置いていない)。

新海誠作品の一種のパターンのようなものに気付いてしまった気がして、少しだけ悲しい気持ちになった。

前述した2作品とは違い、この作品は読み終わったあとに憂鬱な気分になる。

私が読んだ新海誠作品3つの中では一番好きな作品だ。

 

10.数学ガールの秘密ノート/式とグラフ

数学ガールの秘密ノート/式とグラフ

数学ガールの秘密ノート/式とグラフ

 

この本を読んだのはもう2~3回目になると思う。

面白くてどんどんページが進むので、読んでいてあまりストレスになることがない。

数学モチベが上がるので勉強する前に読んだりするのも良いかもしれない。

少しだけセリフのぎこちなさを感じる部分はある。

そしてユーリがあざとい。

このシリーズは継続して読もうと思う。

 

読んだ本が貯まったら、また一気に紹介しようと思う。

それでは。

『暗号技術入門』を読んだ感想。

f:id:Q_tyokinuhata:20161214192317j:plain

途中で読むのをやめて積ん読と化していた『暗号技術入門』を読み終えた。

これでやっと暗号技術に入門できたのかという感じた。

 

そもそも私がこの本を読み始めたきっかけは、情報処理技術者試験共通鍵暗号方式や公開鍵暗号方式がよく出てくるが、言葉や外面を理解しているだけに過ぎず、暗号技術の本質を理解していないような気がしたからだ。

そんな方には是非オススメする。

 

タイトルに「入門」と記されている通り、暗号技術の数学的な側面は最低限にされており、易しくする工夫がなされているように感じた。

それでも難しい箇所はあり、第Ⅰ部の暗号に関しては2回読んだ(大きく分けて三部構成の本で、第Ⅰ部暗号第Ⅱ部認証第Ⅲ部乱数応用技術について紹介されている)。

 

1ページ丸々、で埋まっていることも多く視覚的にも理解しやすかった。

それに加えて、結城浩さんの書く本の強みというか、醍醐味というか、登場人物によって話が進められていくシーンもあるので楽しんで読めた(数学ガールシリーズのようなラノベ形式ではない)。

歴史的な経緯に沿って各技術が説明されているのも本書の良いところだ。

 

そして、隠すことによるセキュリティ(Security by Obscurity)、つまり暗号アルゴリズムを秘密にするのではなく、様々な暗号解読者に強いと証明されたオープンな暗号アルゴリズムを使え、というのは本書が最も伝えたかったことの1つだと思う。

また、これらの技術は、最終的に何か1つのものを信頼することに収束するということも本書の伝えたかったことだと思う(ルートCAの信頼、「パスフレーズの記憶」という自分の記憶力の信頼など)。

 

個人的には一方向ハッシュ関数擬似乱数生成器の話が面白かった。

この二つは、公開鍵暗号のような花形の技術ではないにせよ、裏方でかなり大事な役割を担っていた。

 

機会があれば参考文献にも目を通してみようと思う。

以上。

『情報はなぜビットなのか』を読んだ感想。

読み終わったので感想を書く。

 

f:id:Q_tyokinuhata:20161026183641j:plain

 

この「なぜ」シリーズを読むのは今回で三冊目だが、今回紹介する本は「なぜ」シリーズの中で一番最初に読むべき本のように感じる。

 

理由は、アルゴリズムデータベースネットワークなど、コンピュータを扱う上で重要な部分を広く浅く解説しているからだ。

タイトルは「情報はなぜビットなのか」だが、これについて説明している部分はごく僅かである。

なので、本のタイトルが適切かどうかと考えると微妙なところだ(著者になんらかの思惑があるのかもしれないが)。

 

同じ「なぜ」シリーズに、「ネットワークはなぜつながるのか」「プログラムはなぜうごくのか」などがあるが、「情報はなぜビットなのか」を読み、概要を理解した上で読むと、より理解が深まるだろう。

 

章ごとに分けて感想を書きたいが、全部で12章もあり多すぎるので、特に気になった章だけ感想を書いていく。

 

第1章 音声をデジタル化する (割愛)

 

第2章 一筆書きの可否を判定する

グラフ理論の話だ。

例をあげると、ケーニヒスベルクの橋結婚問題4色問題などについてだ。

なんとも難しい単語が並んでいるが、易しく解説がなされているので読みやすいだろう。

私は4色問題に興味が湧いたので、ブルーバックス四色問題の本を読んでみようと思う。

 

第3章 最も儲かるようにお菓子を詰める (割愛)

第4章 身の回りのデータを解析する (割愛)

第5章 コンピュータとじゃんけんする (割愛)

 

第6章 どっちの手順がよいか判定する

アルゴリズムについての初歩的な説明がなされている。

流れ図にはじまり、線形探索二分探索といったアルゴリズム計算量などの説明が主にされている。

巡回セールスマン問題ナップザック問題などのNP完全問題の説明にも少し触れているが、そこまで踏み入った解説はしていない。

 

第7章 プログラムでパズルを解く

引き続きアルゴリズムの話だ。

主に、ハノイの塔エイトクイーンモンテカルロ法など、前章よりも少し難しいアルゴリズムや典型問題についての説明がされている。

第6章・第7章は競プロを始めたばかりの人の役に立つのではないか、と思った。

 

第8章 機械に言葉を理解させる

形式言語BNF記法オートマトンチューリングマシンなど、プログラミング言語やコンピュータの原型となるものについての話がされている。

個人的に一番面白い章だった。

川添 愛著の「白と黒のとびら」、「精霊の箱」でもう少し詳しく勉強してみようと思う。

 

第9章 スイッチで計算を行う (割愛)

 

第10章 情報を表形式で整理する

リレーショナルデータベースについての話だ。

私は第一正規形~第三正規形までしかよく知らなかったのだが、ボイス・コッド正規形第四正規形第五正規形についても粗方理解することができた。

従属性についても分かりやすく説明されており、良かった。

かなり得られるものが多い章だったように思う。

ただし、排他制御ロールバックロールフォワードのような話には触れていないことに注意する。

 

第11章 情報伝達の仕組みを階層的に整理する

ネットワークOSI参照モデルプロトコルに関する話だ。

私はネットワークの分野がどうも苦手だが、そんな私でも話の内容は粗方理解できた。

この章についても得られるものが多かったように感じる。

第10章・第11章については、情報処理技術者試験でも役に立つのではないだろうか。

 

第12章 コンピュータで社会貢献した人たち (割愛)

 

今回は割と内容が軽く、割とすらすら読める部類の本だった。

もう一度言うが、「なぜ」シリーズに興味がある方はまず最初にこれを読んでみて欲しい。

それでは、この辺で。

 

関連記事

kazukichi.hatenadiary.com

kazukichi.hatenadiary.com

『小悪魔女子大生のサーバエンジニア日記』を読んだ感想。

東京に行く新幹線の中で暇になりそうだなあと思い、気軽に読めそうな書籍を探してみたところ、イラストに惹かれる書籍があったので購入しました。

 

f:id:Q_tyokinuhata:20160808133414j:plain

 

技術評論社から出版されている『小悪魔女子大生のサーバエンジニア日記』という書籍です。

 

この書籍は現役女子大生(2011年当時)がサーバエンジニアのアルバイトを通して学んだことを可愛いイラストを通して分かりやすく解説してくれます。

 

とにかくイラストが可愛いので読んでいても飽きませんし、かなり易しく解説されているのでインターネットを利用したことがある方なら、ほとんど知識が無い方でも読めるかと思います。

 

具体的な内容としては、インターネットDNSメールWWWサーバ管理で、全5章に分けて話が進められます。

どれもインターネットを利用する上ではかかせない技術ですし、当たり前の存在となったインターネットが裏でどういう働きをしているかを学べる筈です。

 

これからインフラサーバについて学びたい方、すでに学んでいるけれどざっと復習しておきたい方、イラストに癒されたい方は是非とも購入してみてください。

 

ちなみにTwitterは coakuma (@aicoakuma) です(2015年で更新が止まっています)。

そしてブログは 小悪魔女子大生のサーバエンジニア日記 です(2013年で更新が止まっています)。

ブログでも書籍に書かれている内容がかなり読めたりするのでまずはそちらに目を通してみるのも良いかもしれませんね。

電子書籍も発売されているようです。

 

それでは。

 

関連記事

kazukichi.hatenadiary.com

IT選手権 全国大会に出場しました。

本日8月4日に行われたIT選手権全国大会に出場しました。

 

IT選手権の地区大会で勝ち上がり、全国大会の出場が決まってからも勉強を続けていたので悔いは無いです。

 

得点はI部90点と割と調子が良かったのですが、II部72点と糞みたいな点数を叩き出しました。

合計点162点個人順位55位でした。

180点10位とのことなので18点も足りていないということになりますね…。

 

団体としての順位は19位でした。

主要なメンバーが1人欠けてしまった中での出場だったので、本来ならもしかすると10位以内に入っていたかもしれませんね…(言い訳ですが)。

 

さて、この大会の終了と共に私の3年間の部活動は幕を閉じました。

優秀な後輩たちに後のことは託して、私はおとなしく受験勉強に励む日々が始まります。

がんばろう。

 

関連記事

kazukichi.hatenadiary.com

kazukichi.hatenadiary.com

kazukichi.hatenadiary.com

情報処理選手権に出場しました。

8月2日に千葉工業大学アイテック高校生新聞社が主催となって開催された情報処理選手権に出場しました。

情報処理競技大会IT選手権と違いオンラインで問題を解くということで、気になったので試しに出場してみました。

IT選手権の全国大会に向けてのウォーミングアップにもなって丁度良かったかと思います。

結果は59点/80点107位/868位という、少し残念な結果に終わりましたが、本命では無かったので良しとしましょう…。

 

関連記事

kazukichi.hatenadiary.com

kazukichi.hatenadiary.com